脳ドック 川崎市 横浜市 脳神経外科 田中クリニック

脳ドック 横浜 川崎市
脳ドックとは?
脳ドックがなぜ必要か
脳ドックで発見できる病気
検査の流れ
脳ドック 検査項目・料金
インフォメーション
頭痛とは?
片頭痛とは?
緊張型頭痛とは?
群発頭痛とは?
クリニック紹介
院長挨拶
診療科目
アクセス・診療時間
設備紹介

田中クリニック 脳ドック 川崎
インフォメーション

片頭痛とは

片頭痛
片頭痛 頭の片側のこめかみから目にかけて、時には両側や後頭部までも
脈打つように痛むのが片頭痛の典型的な症状です。

人によっては、頭痛の始まる前に「前ぶれ」を感じます。
(チカチカとしたまぶしい光や、ギザギザ模様の線が、
徐々に視界に現れ始めて、おおよそ5〜20分間続きます。)

※その後頭痛が始まります。

片頭痛の特徴
片頭痛は大きく分けて「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」に分けられます。
前兆の多くは「閃輝暗点」などの視覚障害があります。

片頭痛表
どこが痛む? どんな痛み? 前触れは? 頭痛に伴う
症状は?
頻度は?
主に頭の片側。
両側が痛む事もある。
脈打つような激しい痛み。
体を動かすと痛みが増す。
目がチカチカする
「閃輝暗点」、
空腹感、あくび
吐き気、音や光に
敏感になる。
週に2〜3回から
月に1〜2回

片頭痛はどうして起こる?
片頭痛が起こる原因は、頭やその周辺の血管拡張時に血管が広がりすぎて、
周辺の神経が刺激されたり血管周辺に炎症が広がり痛みを発生します。

原因は?
親が片頭痛持ち ストレスの開放 ホルモン 食生活
母親が片頭痛持ちだと、その子供が片頭痛になる確率は約4割にもなります。 ストレスから開放されると一気に血管が拡張し片頭痛が発生することもある。 女性は、ホルモンの分泌やバランスの変化が大きく影響します。 チョコレート、ワイン、チーズなど特定の食品が誘因になることもある。

少しでも軽く出来ませんか?

冷やして炎症を抑える
片頭痛の発作がおきたとして、耳の上1cmくらいの所にある動脈を冷やす事で軽減されることが
あります。

カフェインをとる
紅茶やコーヒーに含まれるカフェインには脳の血管を収縮させる働きがあるので、血管の拡張を抑えます。

動かないで横になる
片頭痛のときは、動くと痛みが増します。できるだけ睡眠をとったり、安静に保つようにしましょう。

血管の拡張を予防し、炎症を抑える食品をとる
大豆や海藻、黒豆などの食品にはマグネシウムが豊富。これらは血管の拡張を予防し炎症を抑える働きがある。

光の刺激、音を避ける
まぶしい光に当たったり、騒音にさらされると頭痛はひどくなります。
これらの刺激を避けるようにします。

病院で薬を処方してもらおう

片頭痛の治療には、痛みが脳に伝わるのを抑える「鎮痛剤」、
血管の周りに起こる炎症を抑える「消炎鎮痛剤」、
血管が広がっていくのを抑える「血管拡張予防薬」が処方されます。
くすり

このページの先頭に戻る

頭痛とは

簡易脳ドックとは

田中クリニックトップへ

サイトマップ
HOMEへ

COPYRIGHT(C)2009 脳ドック 脳神経外科 田中クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.